健康教育のための資料集 詳細

危険因子集積とIADL低下リスクとの関連(NIPPON DATA90、5年追跡、男女計)

( 画像クリックで拡大表示されます。)

65歳以上における危険因子集積(高血圧、高コレステロール、高中性脂肪、低HDLコレステロール、糖尿病、肥満、喫煙)と5年後のIADL(手段的日常生活動作)低下リスクの関連を検討した。結果は危険因子の保有数が増加するほど5年後のIADL得点が低下する傾向が観察された。危険因子を予防しその集積を防ぐことは、IADLを維持するのに重要かもしれない。

関連する論文

62

Hayakawa T, Okamura T,Okayama A, Kanda H, Watanabe M, Kita Y, Miura K, Ueshima H.

Relationship between Five-year decline in Instrumental Activity of Daily Living and Accumulation of Cardiovascular Risk Factors: NIPPON DATA90.

J Atheroscler Thromb. 2010;17(1):64-72.

資料 一覧へ戻る