健康教育のための資料集 詳細

喫煙習慣と日常生活動作低下との関連(NIPPON DATA80、19年追跡、男女計、47-59歳)

( 画像クリックで拡大表示されます。)

中壮年期の喫煙習慣と老年期の日常生活動作(ADL)低下との関連を検討した。非喫煙者の日常生活動作低下リスクを1とした時、1日20本以内の喫煙者でリスクは2.0倍、21本以上では2.4倍に上昇した。禁煙は死亡同様、将来の日常生活動作低下を予防するために重要である。

関連する論文

77

Takashima N, Miura K, Hozawa A, Okamura T, Hayakawa T, Okuda N, Kadowaki T, Murakami Y, Kita Y, Nakamura Y, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA80 Research Group.

Cigarette smoking in middle age and a long-term risk of impaired activities of daily living: NIPPON DATA80.

Nicotine Tob Res. 2010 Sep;12(9):944-949.

資料 一覧へ戻る