健康教育のための資料集 詳細

糖尿病と冠動脈疾患死亡との関連(NIPPON DATA80、19年追跡、男女計)

( 画像クリックで拡大表示されます。)

糖尿病と冠動脈疾患死亡との関連を検討した。正常低値(随時血糖<94mg/dL)の群の死亡リスクを1とした時、正常高値(94~140mg/dL)、CBG(casual blood glucose)境界値(140~200mg/dL)、CBG高値(200mg/dL以上または糖尿病の既往歴者)と、随時血糖値が上昇するとともに冠動脈疾患リスクも上昇した。随時血糖は食事量や食事からの経過時間の影響を大きく受けるが、随時血糖と死亡リスクの間に有意な関連が得られ、食後高血糖の意義を評価するうえでも、随時血糖を用いることが有用である可能性が示された。

関連する論文

50

Kadowaki S, Okamura T, Hozawa A, Kadowaki T, Kadota A, Murakami Y, Nakamura K, Saitoh S, Nakamura Y, Hayakawa T, Kita Y, Okayama A, Ueshima H, NIPPON DATA Research Group.

Relationship of elevated casual blood glucose level with coronary heart disease, cardiovascular disease and all-cause mortality in a representative sample of the Japanese population.NIPPON DATA80.

Diabetologia 2008 Apr;51(4):575-582.

資料 一覧へ戻る