健康教育のための資料集 詳細

喫煙習慣と脳卒中死亡との関連(NIPPON DATA80、19年追跡、男性)

( 画像クリックで拡大表示されます。)

「1日1箱たばこを吸うと脳卒中死亡リスクは1.5倍、2箱吸うと2.2倍高くなる」 男性における喫煙習慣と脳卒中死亡リスクの関係を明らかにしたものである。吸わない人の脳卒中死亡リスクを1とすると、1日1箱以内の喫煙者では約1.5倍、1日2箱以上の喫煙者では2.2倍高かった。禁煙者のリスクも1より高く、約1.5倍であった。喫煙し続けていたならばより高かったと予測される。欧米より禁煙者の死亡リスクはいずれ吸わない者と同水準まで低下すると報告されており、禁煙は脳卒中予防にとって極めて大切である。

関連する論文

19

Ueshima H, Choudhury SR, Okayama A, Hayakawa T, Kita Y, Kadowaki T, Okamura T, Minowa M, Iimura O.

Cigarette Smoking as a Risk Factor for Stroke Death in Japan: NIPPON DATA80.

Stroke. 2004 Aug;35(8):1836-1841.

資料 一覧へ戻る